前へ
次へ

不動産売買で最初の査定額が高い時

不動産を購入するときとしては、住んだり自分が使うためもあれば投資用としてもあるでしょう。
自分が使うのが目的なら将来の相場はそれほど関係ありません。
長く使えば変動するのは当たり前で、建物の価値はどんどん下がっていくのも常識だからです。
しかし投資用だと結果として出したお金以上に入ってくるなら売却を検討する必要があります。
新たに入ったお金で再投資などをして増やせればより資産運用を効率的に進めることができるでしょう。
投資用の不動産の売買において売却をしようと業者に査定をお願いするときがあります。
できれば自分なりに相場や希望売却額をある程度知っておくと良いでしょう。
このとき不動産会社が割高な価格を提示することがあり、売却を希望する人はついそれを信じて売買の仲介契約を結んでしまうかもしれません。
業者の提示は契約のための可能性があり、本当にその価格の価値があると考えての提示でないときもあります。
相場より高いからと言って安易に契約してはいけません。

Page Top