前へ
次へ

不動産を売買する際の流れを知る

不動産は個人が保有する資産の中で最も高額となるケースが多く、これを売買する際には慎重に対応して行く必要が有ります。
そして様々な手続きを経た上で取引きを行う様になっており、土地を売買するケースを例にして一連の流れを理解しておく事も大切です。
最初に査定を依頼する事となりますが、現地調査を行ったり或は固定資産税の評価証明書の取得などを行います。
次に不動産会社から提示された査定額を参考にして募集価格の設定を行いますが、この際にはある程度の値引き来を想定して対応しておく事も大切なポイントです。
そして買主が現れましたら取引する際の条件を調整して手付金や契約日などを話し合います。
この後に売主と買主の双方が土地売買契約書に署名捺印を行って手付金が支払われますが、買主が融資を利用する場合には金融機関からの本審査の結果がこの時点で出る事となります。
最後に手付金を除いた残代金を支払って土地の所有権移転登記を行って買主に引き渡しを行います。

Page Top