前へ
次へ

不動産売買を伴うM&Aとは

不動産M&Aというのは、会社組織の所有する資産、あるいは事業の取得をターゲットにするスタンダードなM&Aに対し、主として不動産の確保を目的に行なわれるM&Aということを指します。
法人所有している土地や建物だけ売買するのではなく、法人の株式売買によりまして株式及び法人の抱える不動産を譲渡企業より譲受企業へと移動させることを意味します。
その上譲渡企業が保有するためだけの子会社を新設分割によって設立し、売買ということではなく親会社の抱える子会社の株式を、譲受企業へと譲り渡す会社分割を使っての手法も見られます。
株式などの他にも多くの事例で資産、あるいは負債、社員についても譲り渡す対象となります。
M&Aのメカニズムを利用し企業ごと取り引きをおこなうことで、不動産をシンプルに売買するのと比べて高い節税効果を手に入れられるという特色があり、ここにきて高い評価を得ています。
最近活発にこの制度を利用する会社が増えています。

Page Top